FNS歌謡祭深キョンがヤバイ?復帰が早すぎるとの理由を徹底調査

エンタメ
Pocket

今回は、FNS歌謡祭深キョンがヤバイ?復帰が早すぎるとの理由を徹底調査、という内容でお届けします。

10月6日放送中の、FNS歌謡祭に出演した深キョンがヤバいと、SNSで話題になっていますね。

放送を観ていましたが、少し痛々しい感じで観ている方も辛くなりました。

やはり、適応障害はまだ完璧には治っていなかったのでしょうか?

復帰が早すぎるとの理由を徹底調査していきます。

 

FNS歌謡祭深キョンがヤバイ?

ここでは、FNS歌謡祭深キョンがヤバイ?、という内容で書いていきます。

今夜放送のFNS歌謡祭に出演していた深キョンの様子がヤバいことになっていましたね。

かなり心配になる表情でした。

深キョンは、今月15日から公開される映画「ルパンの娘」で主役を務めており、その宣伝のために出演をしていました。

番組内で、THE ALFEEと阿佐ヶ谷姉妹がコラボした楽曲の紹介を行った深キョン。

この時の目がうつろで、焦点が定まらず、更に呂律も回っていない状況でした。

この放送を観ていた視聴者が次々にSNSに投稿しています。

 

この画像を観てもわかるように、今までの元気な深キョンでは無いですね。

 

SNSの声

やはり、放送を観ていた方からの心配する声がたくさん投稿されています。

この状態で、出演しなければならなかったのでしょうか?

 

深キョンの復帰が早すぎるとの理由を徹底調査

ここでは、深キョンの復帰がはやすぎるとの理由を徹底調査していきます。

今年4月、適応障害の診断を受け、活動を休止していた深キョン。

9月2日に活動を再開してからも、復帰が早すぎるとの声が多かったですね。

復帰の際には、「一歩、一歩、皆様への感謝を忘れずに、私が頂きましたように誰かを勇気づけたり、明るい気持ちになって頂ける、そんな姿でお仕事ができたらと思っています」とコメントされていました。

 

適応障害

日常生活の中で、何かのストレスが原因となって心身のバランスが崩れて社会生活に支障が生じたもの。
原因が明確でそれに対して過剰な反応が起こった状態をいう。

日常生活の中で起こった出来事や環境に対してうまく対処できず、心身に様々な症状が現れて社会生活に支障をきたす状態をいう。
ストレスの原因が明確であることが定義上重要となる。
症状はゆううつな気分、不安感、頭痛、不眠など、人によっては、仕事や学業などを続けたり、対人関係や社会生活を続けることに問題のある状態となる。
これらは一般的には正常な人にも現れる症状で、適応障害の場合はそれを超えた過敏な状態となること。
治療にはまず原因となっているストレスを軽減し、心理的に回復させることが必要。
また、場合によっては薬物療法が必要なこともある。

まさしく今日の放送で観られた深キョンの様子ですよね。

今月公開される映画「ルパンの娘」の番宣の為の出演であったとしても、これが復帰後の映像であれば不安で仕方がありません。

この放送での表情や話し方を見ていると、全く問題が解決されていない様に思います。

 

同じ経験をされた方のSNSでの投稿

 

まとめ

今回は、FNS歌謡祭深キョンがヤバイ?復帰が早すぎるとの理由を徹底調査、という内容でお届けしてきましたがいかがでしたか?

FNS歌謡祭に出演した深キョンが、ヤバイと話題になっていた通り、本当に心配になるレベルの映像でした。

復帰が早すぎるとの理由を徹底調査しましたが、適応障害という症状は、元の状態に戻るまでにかなりの時間がかかることがわかりました。

浮き沈みの激しい芸能界、事務所の方針等もあると思いますが、芸能人としてだけでなく、一人の人間としての普通の生活ができなくなる可能性がある病です。

まだまだファンも多く、深キョンでないとダメな作品もたくさんあります。

しっかりと症状を改善して、以前のような元気な明るい笑顔を見せて欲しいと思います。

コメント