車のヘッドライトの黄ばみ取りに裏技はある?簡単な方法もご紹介

お役立ち情報
Pocket

今回は、車のヘッドライトの黄ばみ取りに裏技はある?簡単な方法もご紹介、という内容でお届けします。

愛着を持って長年乗っている愛車のヘッドライト黄ばみ、気になるだけでなく、悲しくなりますよね?

最近では、新車の段階からのコーティングで、そこまでは酷くならないかもわかりません。

ですが、少し年代物の車になると、そうはいきませんね?

愛車の顔の最も大切な部分であるヘッドライト。

できるだけお金をかけずに綺麗にしたいですよね?

では、車のヘッドライトの黄ばみ取りに裏技はあるのか?

それを検討しつつ、簡単な方法もご紹介していきます。

 

車のヘッドライトの黄ばみ取りに裏技はある?

ここでは、車のヘッドライトの黄ばみ取りに裏技はある?という内容でお届けします。

車好きならどうしても気になってしまうヘッドライトの黄ばみ。

それを綺麗にする裏技はあるのでしょうか??

 

車のヘッドライトの黄ばみを綺麗にする裏技

ヘッドライトの黄ばみを綺麗にするには、ズバリ、CRCなどの潤滑油を使うという裏技があります。

色々ありますが、こういうスプレータイプのものです。

なぜ、このCRCが裏技で使えるかというと、ヘッドライトの素材に関係しているんですね。

車のヘッドライトは、「ポリカーボネート」というプラスチック製のものがほとんどで、この「ポリカーボネート」は熱に弱く、耐油性(薬品耐久性)がよくない性質なんです。

この性質を逆手に取り、ヘッドライトの黄ばみ取りに利用します。

耐油性がよくないということで、CRCをヘッドライトに吹きかけて拭き取ると、黄ばみ部分がかなりきれいになります。

後程、いくつか別の簡単な方法もご紹介しますが、この裏技が即効果を実感でき、長続きする方法です。

ですが、ヘッドライトの黄ばみの部分の樹脂を溶かして綺麗にしていますので、その後のメンテナンス方法も後程ご紹介します。

 

車のヘッドライトが黄ばむ原因は?

車のヘッドライトの素材ですが、以前はガラス製のものが使用されていました。

ですが、現在はコスト面・デザイン(形を自由に作ることができる)の多様化などの理由から、先程お話した「ポリカーボネート」というプラスチック樹脂製のものに変わっています。

「ポリカーボネート」は「熱」に弱いという性質があります。

更には洗車機による「キズ」も悪影響を及ぼす一つですね。

  • 黄ばむ
  • 焼ける
  • 変色

これらは全て、紫外線やヘッドライト球からの「熱」、洗車機による「キズ」によって起こり、ヘッドライトが黄ばむ最大の原因となっています。

 

車のヘッドライトの黄ばみ取りの簡単な方法もご紹介

ここでは、車のヘッドライトの黄ばみ取りの簡単な方法もご紹介していきます。

車のヘッドライトの黄ばみ、やはり綺麗にしたいですよね?

先程は、CRCを使った裏技をご紹介しましたが、その他の簡単な方法もご紹介していきます。

 

「ピカール」を使う

「ピカール」を使う?

こういう缶に入ったもので、いわゆる家庭用の金属研磨剤のことです。

簡単に言うと、液状のヤスリということになりますので、ヘッドライトの黄ばみを削って落とすことは可能です。

ですが、使ったことのない方には少し不安な部分もありますね?

用意するものは

  • ピカール
  • 磨き用の布(柔らかい布であればOK)
  • 拭き上げ用の布(柔らかい布であればOK)
  • ゴム手袋(ピカールの成分に灯油が含まれているため)

使い方は

  1. 缶をよく振ってから、磨き用の布に適量のピカールを取る
  2. 汚れや黄ばみが取れるまで磨く
    ※ゴシゴシと力を入れてしまいがちですが、磨きムラ・キズの原因になるので優しく磨く
  3. 黄ばみが取れたら、拭き上げ用の布で拭き取る
    ※拭き残しがないように、しっかりと拭き取る

簡単にはこの作業で完了です。

ですが、ピカールを使用した場合も、研磨剤でヘッドライトの表面を削っていますので、使用後のメンテナンスが必要です。

 

「歯磨き粉」を使う

「歯磨き粉」で黄ばみが落ちる?

ピカールよりも一般的に馴染みのあるものですので、本当に落ちるかは気になりますよね?

こんな動画がありましたので、観てください!

こんな身近にあるものである程度は綺麗になっていますね!

ただ、この「歯磨き粉」を使用する方法でも、中に含まれる研磨剤で黄ばみの部分を削っているので、ピカールの使用時と同様にその後のメンテナンスが必要です。

 

車のヘッドライトの黄ばみ取り後のメンテナンス

車のヘッドライトの黄ばみ取りの裏技、簡単な方法をご紹介してきましたが、すべての方法で表面を溶かす・削るといったものでしたので、その後の効果を維持するために後処理が必要です。

ヘッドライトの表面を溶かす・削るという方法で黄ばみを取った場合には、逆に元々のコーティングも一緒に取り除いてしまっているという事になるんですね。

その場合に必要となるのがコート剤です。

これまでご紹介してきた黄ばみを落とす方法を行った後、その効果を長持ちさせ、溶かしたり、削ってしまったヘッドライトの保護をするためにコート剤が必要なんですね。

私が気に入ってずっと使用しているのが、ワコーズ VAC バリアスコートです。

ワコーズの商品自体が、プロ向けの商品ですので効果は目に見えてわかる上に、このワコーズ VAC バリアスコートは施工がメチャクチャ簡単です。

スプレータイプで、吹き掛けてふきとるだけ、濡れたままの状態でも使用できます!

プロ仕様の為、少しだけ注意点が、

  • 揮発性が高いため、日陰で作業を行い、すぐに拭き取る
  • 施工する面積を狭くし、少しずつ焦らず施工する
  • 拭き上げのクロスを、粗拭き用と仕上げ用の二枚を用意し、しっかり拭き取る
  • ガラス面には使用しない

これだけを守れば、ヘッドライトの黄ばみ取り後のメンテナンスはもちろん、ガラス面以外の車のボディのほとんどに使用可能です!

しかも、効果を6ヶ月持続できます!

値段も3,000円~4,000円程度、店舗に依頼し、ガラスコーティングを行うには約3万円の費用と約1週間ほどの時間がかかりますので、これを考えてもコストパフォーマンスは高いですね!

皆さんも、ぜひ一度ワコーズ VAC バリアスコート試してみてください!

 

まとめ

今回は、車のヘッドライトの黄ばみ取りに裏技はある?簡単な方法もご紹介、という内容でお届けしてきましたがいかがでしたか?

車好きにはとても気になる車のヘッドライトの黄ばみ。

その黄ばみ取りに裏技がある事と、その他の簡単な黄ばみ取りの方法のご紹介はお役に立ちそうですか?

私は車が大好きなのですが、メンテナンスにあまりお金をかけたくない為、できる限りのことは自分でやってみようと思っています。

エンジンやブレーキ、車を動かすための重要な部分は専門家にしっかりメンテナンスをしてもらった方が良いですが、自分の愛車の為にできる限りのことを調べて試してみるというのも、更に車への愛着が出て良いのではと思います。

あくまでも私が試したものなので、自己責任でお願いしたいですが、良かったらご紹介した方法を一度試してみてください。

コメント