ミスなかロケ地の警察署はどこ?茨城県の三の丸庁舎で特定か?

ドラマ
Pocket

今回は、ミスなかロケ地の警察署はどこ?茨城県の三の丸庁舎で特定か?、と題してお届けしていきます。

20221月10日(月)、月9でスタートのドラマ『ミステリと言う勿れ』。

第一話では、菅田将暉さん演じる主人公の久能整が、殺人事件の参考人になってしまいますね。

ここで、「僕は常々思っているんですけど・・・」と言い回しが登場するのですが、取り調べを受けている刑事にアドバイスや持論を展開し、謎を解いていきます。

では、第一話でロケ地となっている警察署はどこなのでしょうか?

茨城県の三の丸庁舎で特定か?との噂を調査していきます。

 

ミスなかロケ地の警察署はどこ?茨城県の三の丸庁舎で特定か?

色々と調べてみましたが、ドラマ『ミステリと言う勿れ』で、大隣警察署として使用されていたのは茨城県水戸市の「三の丸庁舎」で間違いないようです。

ここで、主人公の久能整が取り調べを受けていたんですね。

 

 

 

この建物は、茨城県水戸市にある、旧県庁本庁舎なんですが、現在はパスポートセンターなどに活用されています。

何となく国会議事堂にも似ていますね。

内装もクラシカルな部分が多く残っていて、いわゆる「昭和レトロ」といった感じです。

上でご紹介した、映画『映像研には手を出すな!』、朝ドラ『ひよっこ』、映画『ニセコイ』など、他にもたくさんの作品のロケ地として使用されています。

多くの作品のロケ地として使用されているということを抜きにしても、一度は行ってみたい雰囲気の場所ですね!

 

SNSの声

 

 

 

 

SNSでも、この場所が色々な作品のロケ地となっていたことがわかりますね。

今回の『ミステリと言う勿れ』のロケ地が「三の丸庁舎」であることが特定できますね。

 

その他の目撃情報

 

 

 

色々な場所での目撃情報があいますね。

菅田将暉さんの髪型にインパクトが有りすぎて、どうしたんだと思っていたのですが、このドラマの為だったんですね。

菅田将暉さんのスケジュールが忙しすぎるために、『ミステリと言う勿れ』の撮影は一昨年の12月から昨年の3月で行われていたようです。

 

まとめ

今回は、ミスなかロケ地の警察署はどこ?茨城県の三の丸庁舎で特定か?、と題してお届けしてきましたがいかがでしたか?

第一話で放送される警察署でのシーンのロケ地は、茨城県の三の丸庁舎で特定できましたね。

原作では事件が広範囲で起こるため、ロケ地も各地に飛んでいる可能性があります。

これから放送されていくシーンのロケ地の情報が入りましたら、またご紹介させていただきたいと思います。

コメント