プロ野球トライアウト参加資格は?選考内容や合格者人数も徹底調査

スポーツ
Pocket

今回は、プロ野球トライアウト参加資格は?選考内容や合格者人数も徹底調査、と題してお届けしていきます。

12月8日に、2021年の「プロ野球12球団合同トライアウト」が行われますね。

昨年は、ビッグボスこと、新庄剛志監督が参加したことで盛り上がりましたね!

話題とは裏腹に、再起をかける選手たちにとっては、今後の道を決める大切な時期となります。

「えっ?この選手が?」と、プロ野球ファンに驚きと、新たな期待を持たせてくれる「プロ野球12球団合同トライアウト」

では、プロ野球トライアウトの参加資格とはどのようなものなのでしょうか?

選考内容や、合格者人数についても徹底調査していきます。

 

プロ野球トライアウト参加資格は?

ここでは、プロ野球トライアウト参加資格は?、という内容でお届けします。

戦力外通告をされた選手たちが、再び晴れ舞台に上がる為のプロ野球トライアウトの参加資格とはどのようなものなのでしょうか?

 

トライアウトへの参加資格は?

  • 日本のプロ野球(NPB)の球団と契約し所属したことがある選手
  • 自由契約の状態にある選手

この2つが参加資格となります。

その為、大学野球や社会人野球の一般の方には参加資格がありません。

ですが、一度でも日本のプロ野球(NPB)に所属していたことがあれば参加できますので、参加選手の中には独立リーグのユニフォームを着た選手を見ることもありますね。

大舞台で活躍してきた選手、育成選手として支配下登録を目指していた選手、様々な状況下で努力を積み重ねてきた選手たちが、夢の続きを見るために参加するのがトライアウトなんですね。

 

2019年以降は、参加資格に変更が加えられ、同じ選手がトライアウトに参加できるのは二回までという回数の上限が決められています。

 

トライアウトの時期は?

  • 毎年11月あるいは、12月の全日程終了後に行われる
  • 自由契約選手へ移籍のチャンスを平等に与える為、戦力外通告期間終了後に行われる

これらの期間を経て、トライアウト終了後に入団交渉が始まることになります。

 

戦力外通告機関とは?

第一次通告:10月1日からクライマックスシリーズ開幕前日までの期間

第二次通告:クライマックスシリーズ全日程終了翌日から日本シリーズ終了翌日まで。 (日本シリーズ出場チームは日本シリーズ終了の5日後まで)

 

契約までの期間は?

  • 球団が参加した選手に対し5日以内に電話で通知を行う(2019年から)

2018年までは、トライアウト参加から一週間でしたが、期間が変更されています。

球団からの通知には、即契約となるもの、その後にキャンプへ参加してから判断するなど、様々なものがあります。

バッティングピッチャー、ブルペンキャッチャーなど、球団のスタッフの打診がある場合もあります。

この期間が、トライアウトに参加した選手にとって最も苦しい時間となりますね。

 

プロ野球トライアウトの選考内容や合格者人数も徹底調査

ここでは、プロ野球トライアウトの選考内容や合格者人数も徹底調査していきます。

選手たちの今後を左右する、プロ野球トライアウトの選考内容や合格者人数は気になるところですね?

 

トライアウト選考内容は?

  • 実践さながらの、投手 対 打者という、試合形式のシート打撃で行う
    ※攻撃側の打者、守備側の投手・野手が場面に応じたパフォーマンスを見せる
  • カウント1ボール・1ストライクから投手は3人の打者、打者は7人の投手と対戦する
    ※カウントの設定等は毎年変更がある

 

守備・走塁はシート打撃中の動きを判断される。
また、守備・走塁を武器としてきた選手には、打撃結果に関係なく合否を判断する場面を与えられることもある。
その他、細かいルールは無く、状況判断・その際の選手の動きなど、個々の能力を見極めることに主きが置かれている。

 

トライアウト合格者人数は?

トライアウトが注目を浴びるようになった2014年から見ていくと、

2014年:59人(7人) 12%
2015年:47人(3人)   6%
2016年:65人(3人)   5%
2017年:51人(2人)   4%
2018年:48人(3人)   6%
2019年:43人(3人)   7%
2020年:57人(6人) 10%
                              ※参加人数(合格者数)

毎シーズン50~60人が参加し、4~5人の合格者、平均7%程度の合格率です。

選手たちの思いとは裏腹に、かなり厳しい数字になっていますね。

 

トライアウトとプロ野球入団テストの違い

2つの違いには下記が挙げられます。

 

参加資格

【トライアウト】日本のプロ野球(NPB)に所属していたことがあり、自由契約状態である事

【入団テスト】一般人も受けることが可能(高校生・大学生の場合は所属の野球連盟にプロ志望届を提出し、ともに卒業見込みであること社会人は所属チームの了承が必要)

 

選考内容

【トライアウト】シート打撃形式

【入団テスト】一次試験(50m走 6.3~6.5秒以内、遠投 90~95m以上)、二次試験(シートノック、バッティング)

 

大きな違いはこの2つになりますね。

トライアウトは、プロ野球を経験した者が自由契約となり、再起をかけて臨むものである為、実践的な動きがどうなのかを重要視されます。

入団テストは、これから育てていく選手としての選考となるので、基礎体力・野球の基本的な動き・センスを重要視されますね。

どちらも合格率は10%切るとてつもなく狭き門という点では同じですが、即戦力とこれからの選手という視点の違いが選考方法の違いとなっています。

 

まとめ

今回は、プロ野球トライアウト参加資格は?選考内容や合格者人数も徹底調査、と題してお届けしてきましたがいかがでしたか?

プロ野球トライアウトの参加資格は、日本のプロ野球(NPB)の球団と契約し所属したことがある、且つ、自由契約の状態にある選手に与えられる事がわかりました。

選考内容や合格者人数も徹底調査しましたが、本当に厳しい狭き門であることもわかりましたね。

2021年の参加人数、会場などはまだわかっていませんが、参加される選手の皆さんに悔いの残らない戦いをしてもらいたいと思います。

コメント