ヨネダ2000名前の由来とは?プロフィールや経歴も徹底調査

エンタメ
Pocket

今回は、ヨネダ2000名前の由来とは?プロフィールや経歴も徹底調査、という内容でお届けします。

もう今年もこの時期が近づいてきましたね!

そう、漫才の日本一を決める『M-1グランプリ 2021』です。

準決勝に進出したのは26組、ハライチ、アルコ&ピースなど、常連が名を連ねる中、結成二年目の女性コンビ「ヨネダ2000」が選ばれ話題を呼んでいます。

その『M-1グランプリ 2021』ですが、惜しくも決勝の6組には残れませんでしたので、敗者復活を楽しみにしたいと思います。

『THE W 2021』の決勝にも進出しており、一部では「これから馬鹿売れしそうな女芸人」との呼び名も高いコンビですね!

では、この「ヨネダ2000」の名前の由来とは何なのでしょうか?

プロフィールや経歴も徹底調査していきたいと思います。

 

ヨネダ2000のコンビ名の由来とは?

ここでは、ヨネダ2000名前の由来とは?という内容で調査していきます。

「ヨネダ2000」、初めてこのコンビ名を聞く方も多いですよね?

彼女たちコンビの名前の由来には何かあるのでしょうか?

 

ヨネダ2000の名前の由来

どちらかの名前が米田(ヨネダ)?

生まれが米田(ヨネダ)市?

やっぱりこのコンビ名がどうして決まったのかが気になりますよね?

こんなツィートが有りました。

内緒なのだそうです・・・。

ご本人のツィートなので、まだどこにも公表されていないようですね。

 

清水:「ヨネダ」は私がつけたくて。「ウルトラマン」って、文字にするとカッコいいじゃないですか。それでウルトラマンと同じ系統はヨネダだと。カタカナにしたときのヨネダがなんか宇宙っぽくてカッコいいので。

愛:あと数字を入れたかったんです。清水さんがいっぱい書き出して、「2000」がいいなって。それを合わせて「ヨネダ2000」です。

引用:週刊プレイボーイ

ですが、週刊プレイボーイのインタビューで、気になる回答をされてますね。

「宇宙っぽくてかっこいいから」・・・?

ネタを含め、思考自体が宇宙のように広がっているのかもわかりませんね。

 

他にはこんなツィートもありました。

これは、語呂合わせ的な部分もありますが、もしかしたらこういう感じでのネーミングという可能性もありそうです。

詳しい名前の由来がわかりましたら追記していきます。

 

ヨネダ2000の賞レース戦績

  • 2020年 THE W 準決勝敗退
  • 2020年 M-1グランプリ 一回戦敗退
  • 2021年 M-1グランプリ 準決勝進出
  • 2021年 THE W 決勝進出

少し後ほど補足する情報もあるのですが、結成二年目にしてこの戦績は凄いですよね!

 

ヨネダ2000への評価

先輩芸人の新道(馬鹿よ、貴方は)さんが、かなりの高評価をしヤフーニュースになっていました。

 

これも、先輩芸人の久保田(とろサーモン)さんの高評価のツィートです。

芸人に好まれる、玄人好みの芸人さんなのかもわかりませんね。

 

 

 

いろんな方のツィートを見ていても、かなりの高評価ですね!

「THE W」も「M-1」も期待が膨らみます。

 

ヨネダ2000のプロフィールは?

ここでは、ヨネダ2000のプロフィールをご紹介していきます。

話題のヨネダ2000

気になる二人のプロフィールです。

 

ヨネダ2000って?

ヨネダ2000は吉本興業所属の清水亜真音さんと、愛さんの女性お笑いコンビです。

お二人のプロフィールをご紹介しますね。

 

 

ヨネダ2000 清水亜真音のプロフィール

名前:清水 亜真音(しみず あまね)

生年月日:1999年3月25日(22歳)

出身地:東京都世田谷区

身長:155cm

体重:47kg

血液型:B型

趣味:テニス、絵を描くこと、ものづくり、音楽観賞

特技:ハーモニカ、散髪、顔剃り(理容師免許取得)

芸歴:東京NSC23期

 
 

ヨネダ2000 愛のプロフィール

名前:愛(河田 愛?)

生年月日:1996年09月19日(25歳)

出身地:神奈川県横浜市

身長:168cm

体重:116kg

血液型:B型

趣味:動物鑑賞、音楽鑑賞、SMAP

特技:犬の基本的なしつけ(ドッグトレーナー資格有)、ブルースハープ(ハーモニカ)、肩もみ

芸歴:東京NSC23期

お二人共、趣味や特技がたくさんあり、更には資格もしっかり持たれていますね。

少し古臭いですが、何事も芸の肥やしとしてチャレンジされているのかなとも思います。

ヨネダ2000のお二人は、主に神保町よしもと漫才劇場に出演されているようです。

 

ヨネダ2000の経歴は?

プロフィールでもご紹介したように、お二人はNSC東京の23期生です。

では、コンビ結成までの経緯はどのようなものだったのでしょうか。

実は、ヨネダ2000を結成するまでに、コンビ結成→解散を繰り返されているんです。

ここに結成2年目での現在の戦績の秘密があるんです。

わかりやすいツィートがありましたので、ご紹介します。

 

別々のコンビで活動後、共に解散

 

清水亜真音と愛でコンビ結成

2018年に「ギンヤンマ」を清水亜真音と愛で結成

 

トリオ結成と改名

2019年ゼンツをメンバーを加え、トリオとなり「マンモス南口店」と改名

 

トリオ解散

2019年9月:「マンモス南口店」解散

 

清水亜真音と愛のコンビ復活

 

2020年4月:「ヨネダ2000」を清水亜真音と愛で結成

 

なんとも、紆余曲折のある芸人活動ですね。

2018年に結成した「ギンヤンマ」から改名したような結果になっていますが、二人が出会ってから結成→解散を繰り返し、多くのことを吸収して現在の「ヨネダ2000」の立ち位置になっているんですね。

若手芸人のコンビ、トリオの入れ替わりは激しいようですが、このお二人はその経験を無駄にせず、大切な何かを掴んでこられたんだと思います。

 

まとめ

今回は、ヨネダ2000名前の由来とは?プロフィールや経歴も徹底調査、という内容でお届けしてきましたがいかがでしたか?

ヨネダ2000の名前の由来については、今後も調査し新しい情報が入りましたらご報告します。

ヨネダ2000のプロフィールや経歴も徹底調査しましたが、お二人について色々な事がわかりましたね。

現在の活躍までに、結成→解散を繰り返し、たくさんの経験をしてきたことによって成長されたこともよくわかりました。

現在、進行している2つの賞レース、『THE W 2021』『M-1 2021』で最高の結果を残し、今年を締めくくってもらいたいと思います。

コメント