ブルーダイヤ洗剤販売終了?廃盤の理由や代わりの洗剤をご紹介! | 紆余曲折
PR

ブルーダイヤ洗剤販売終了?廃盤の理由や代わりの洗剤をご紹介!

ブルーダイヤ洗剤が売ってない?廃盤の理由や代わりの洗剤をご紹介! お役立ち情報
Pocket

今回は、ブルーダイヤ洗剤販売終了?廃盤の理由や代わりの洗剤をご紹介!と題してお届けします。

1965年に、日本初のカラーミックスタイプの洗剤として、ライオンが発売開始した洗濯用洗剤『ブルーダイヤ』。

子供の頃、私の家でもこれが使われていたのを覚えています。

最近、ドラッグストアなどで売っていない、販売終了?と思っていたら、2022年6月に廃盤となっていたんですね・・・。

近頃、主流となっている香り付けメインの洗剤とは違い、消臭効果が高く、しっかり汚れを落としてくれる洗剤で、人気も高かったようです。

そこで、この記事では、ブルーダイヤ洗剤販売終了なのか?廃盤の理由や代わりとなる洗剤も調査し、ご紹介していきます。

 

ブルーダイヤ洗剤販売終了?

ここでは、ブルーダイヤ洗剤販売終了?と題してお届けしていきます。

先ほどもお話をしましたが、ブルーダイヤ洗剤が販売終了で売っていないのは事実なんです。

売っている場所はあるのでしょうか?

 

ブルーダイヤ洗剤が売っているのはどこ?

香りの強い洗剤が苦手な我が家では、私の母が子供の頃から使っていた『ブルーダイヤ洗剤』を使用していました。

蛍光増白剤が入っていないというところも、人気の理由の一つでしたね。

ですが、スーパーやドラッグストアでも「販売終了」の張り紙がされ、入手が困難となっています。

ということで、ネット通販を調べてみましたが、Amazon、楽天、ヤフーショッピングでは現在のところはまだ購入が可能です。

我が家だけでなく、「ブルーダイヤ難民」はいるはずですので、この際まとめ買いをおススメします。


残りわずか!今ならまとめ買いが可能!!

 

SNSの声は?

 

 

 

 

 

廃盤を嘆く声が多い事からも、愛用者が多かった事がわかりますね。

 

ブルーダイヤ洗剤の廃盤の理由や代わりの洗剤をご紹介

ここでは、ブルーダイヤ洗剤の廃盤の理由や代わりの洗剤をご紹介していきます。

ブルーダイヤ洗剤の廃盤の理由は何なのか?

代わりとなる洗剤も調査し、ご紹介していきます。

 

ブルーダイヤ洗剤の廃盤の理由は何?

一番の理由としては、洗濯機の仕様が変わり、液体洗剤が中心となってきたことで、粉洗剤の需要が少なくなってきたことのようです。

商品名、成分、パッケージデザインの変更、廃盤~復活を繰り返し、多くの方に愛されてきた『ブルーダイヤ洗剤』。

確かな商品であったことには間違いないですが、時代の流れには立ち向かえなかったということでしょうか・・・。

現在は、沖縄県限定で発売されている大型タイプ『ブルーダイヤ シトラスハーブの香り』が唯一残るのみであるのが、とても残念です。

 

ブルーダイヤ洗剤の代わりの洗剤をご紹介

今後、在庫が無くなってしまった時の代替えとして、他の洗濯用洗剤を調査しました。

  • 蛍光剤が入っていない
  • 無臭
  • 汚れがしっかり落ちる

ブルーダイヤ洗剤の代わりを探す際、これらの要素がポイントになりますね。

それらを踏まえて選んだ結果を、粉洗剤・液体洗剤に分けてご紹介します。

 

粉洗剤

●『アリエール』

漂白剤は入っているが、無臭で、『ブルーダイヤ洗剤』に最も近い。


 

●『ビック除菌プラス』

蛍光剤を使っておらず、消臭効果も高い。


 

液体洗剤

●『アタックゼロ』

ほぼ無臭で、汚れを落とす力も強い。


 

このように、『ブルーダイヤ洗剤』の廃盤は悲しいものの、調査の結果、代替品として今後使用できそうな商品は見つかりましたので、在庫が無くなる前にご検討いただければと思います。

 

まとめ

今回は、ブルーダイヤ洗剤販売終了?廃盤の理由や代わりの洗剤をご紹介!と題してお届けしてきましたが、いかがでしたか?

最近、売ってない、販売終了?と思ったら、廃盤となっていた『ブルーダイヤ洗剤』。

廃盤の理由としては、洗濯機の仕様の変化による液体洗剤への移行が大きなものとして挙げられることがわかりました。

代わりの洗剤を調査しましたが、粉洗剤では『アリエール』『ビック除菌プラス』、液体洗剤では『アタックゼロ』が使えそうな感じです。

経済的にも安心して使用できた粉洗剤の需要が少なくなり、液体洗剤が中心となっている現在。

特に香り付けの要素が高いものが多いので、我が家としては少し困っているのですが、これも時代の流れ。

代替品の使用も検討しつつ、可能であれば『ブルーダイヤ洗剤』の再度の復活を願いたいと思います。