転職後に後悔して戻りたいと思うのはなぜ?理由や対処法をご紹介! | 紆余曲折
PR

転職後に後悔して戻りたいと思うのはなぜ?理由や対処法をご紹介!

転職後に後悔して戻りたいと思うのはなぜ?理由や対処法をご紹介!転職
Pocket

今回は、転職後に後悔して戻りたいと思うのはなぜ?理由や対処法をご紹介!と題してお届けします。

現在の職場を退職し、心機一転頑張るつもりでいた新しい職場。

ですが、新しい職場が合わずに元の職場に戻りたいと思う方も多いようですね。

皆さんも耳にされたことがあるかもわかりませんが、これは「出戻り転職」と言われています。

色々と準備をして新しいスタートを切ったのに、とてもつらい状況ですね・・・。

この記事では、転職後に後悔して元の職場に戻りたいと思うのはなぜなのか?

その理由や対処法をご紹介していきたいと思います。

 

とその前に、今の職場で悩まれている方をサポートしてくれるキャリアコーチングサービスをご紹介します。

「志望動機や面接対策」「履歴書・職務経歴書の添削」「職場での人間関係の悩みの解消」「就職サポート全般の相談」、これらをともに考えてくれるのが、キャリア相談サービスcoacheeです。

就職・転職・職場での悩みを一緒に解決してくれるリーズナブルなサービスです!

 

専属のキャリアコーチの比較選択!

オンラインでの匿名個別相談で安心!

 

転職後に後悔して戻りたいと思う理由

ここでは、転職後に後悔して戻りたいと思う理由と題してお届けします。
せっかく苦労して入社した新しい職場。
転職後に後悔して元の職場に戻りたいと思う理由とは何なのでしょうか??

 

一時的な感情で後先を考えずに退職してしまった

転職を考える点で大きなもの、例えば「上司と合わない」「休みが少ない」「残業が多い」など、どれか一つのポイントだけで退職を決めてしまうと後々後悔することが多いですね。

 

準備不足で希望の再就職先が決まらない
●貯金が少なく、税金の支払いも苦しい
●自分一人が仕事をしていないことで焦る

 

再就職の準備をしっかりとしないうちに退職してしまうと、なかなか希望の職場に入れないどころか次の職場が見つからないということになってしまいますね。

更に、退職後に空白期間があると税金の支払いが待っています・・・。

国民年金保険料、国民健康保険料、住民税など、月額45,000円ほどの徴収があります。

そんな状況で回りを見て、自分一人が働いていないという現実に気持ちがやられてしまいますね。

 

転職先を焦って決めてしまった

「今の職場からとにかく離れたい」、この気持ちは転職を数度行っている私にもとてもよくわかります。

ですが、

感情のままに退職 → 収入がなくなる → 転職先を焦って決めてしまう 
という悪循環に陥ってしまいます。
これでは、希望の職場を探し新たな気持ちで働きたい自分を見失ってしまいますね。

 

元の職場と他社の比較検討が出来ていない

今の職場で不満に思う点が、次の職場では解消されるのかということをしっかりと見ないといけませんね。

 

●上司とそりが合わない → これは運に頼る部分があります
●給料が少ない → 休日出勤が多い
●残業が多い → 出張が多い

 

職場が変わって我慢できる部分なら良いですが、あまり前職のストレスを解消できない条件の職場で働かなくてはならない状況になります。

自分が転職したいと思ったポイントを、次の職場で解消できるかどうかの比較検討は大切ですね。

 

人間関係の大切さを理解出来ていなかった

私自身も中途採用で入社した職場では、人間関係に苦しんだ経験があります。

 

元の職場での常識が、新しい職場では通用しない
●即戦力として入社する為、常に試されている気がする
●相談できる相手や同期入社の人間がいない

 

など、これまで普通に過ごしてきたことが180度変わるような感覚になります。

その他、同期入社の人間がいないことはかなり心細く感じると思います。

同じように成長してきて、相談なども行ってきた仲間がいないのはさみしいですよね。

 

転職後に後悔して戻りたいと思う人の特徴

ここでは、転職後に後悔して戻りたいと思う人の特徴をご紹介していきます。

転職後に後悔して、前の職場に戻りたいと思う理由については先程少しお話をしました。

その内容をもう少し深掘りし、それらの方の特徴などもご紹介していきます。

 

とりあえず転職をする

次の職場での再出発の覚悟が出来ていない方が多いですね。

 

不満箇所の分析が出来ず、視野が狭い

一つの不満に拘り過ぎて全体が見えていない方が多いです

 

前職で良好な人間関係に助けられていた

助けてくれた方の大切さが理解できていないというのが理由ですね。

 

私自身も何度かの転職で思い当たる部分がありますが、皆さんはいかがですか?

 

転職後の後悔とは?

転職後の後悔は、先程お話をした

  • 一時的な感情で後先を考えずに退職してしまった → 勢いで退職、その後の生活が見えていない
  • 転職先を焦って決めてしまった → 希望の職場で働けない 
  • 元の職場と他社の比較検討が出来ていない → 前職での不満点を解消できない
  • 人間関係の大切さを理解出来ていなかった → 一から人間関係を構築しないといけない

このような状況によって生まれます。

準備がしっかり出来ずに焦ってしまい、比較検討も出来ないまま今よりストレスのかかる状況で一からスタートを切る事になってしまいますね・・・。

 

転職後に後悔して戻りたいと思わない為の対処法をご紹介

転職後に元の職場に戻りたいと思わないように、以下に注意してください。

  • 現在の職場で部署移動が可能かを確認する
  • 退職理由が転職で解消されるかを確認する
  • 他社との比較をして転職後のメリット・デメリットを見極める

 

現在の職場で部署移動が可能かを確認する

不満に思う要素が給料・待遇・労働時間ではなく、人間関係である場合は部署移動によって解消される可能性がありますので、

  • 信頼できる上司への相談
  • 現在の職場の人事異動の条件を確認

等を行い、部署移動によって今の職場に残ることも一つの方法です。

 

退職理由が転職で解消されるかを確認する

先程の人間関係への不満ではなく、給料・待遇・労働時間などに不満がある場合は転職によって自分自身の希望と折り合いが付くかの判断が大切です。

給料が増えても、労働時間が今より長くなるなど、一長一短の場合がありますので注意が必要ですね。

 

他社との比較をして転職後のメリット・デメリットを見極める

先程の場合と重なりますが、一つがクリアできても、もう一方が今以上に悪くなる可能性があります。

情報収集をしっかりと行って、今の職場と転職しようと考えている職場の労働条件の確認を行う。

または、実際に働いている人から直接話を聞くのもよいかと思います。

 

転職後に後悔して戻りたいと思った時の対処法をご紹介

転職後に後悔して戻りたいと思った時は、

  • 転職した会社でひた向きに頑張る
  • 再度転職をする
  • 以前の職場に戻る

この三つの選択肢しかありません。

 

転職した会社でひた向きに頑張る

転職したばかりでうまくいかないことが続く可能性もあります。

そんな時に、転職した会社の悪い部分(納得できない部分)が見えてくるものです。

ですが、自身で決め入社した新しい職場ですので、何か実績を残さないとまた今回の繰り返しになってしまいますね。

転職癖が付かないように、ここは少し踏ん張る努力が必要となりそうです。

 

再度転職をする

最低でも半年から1年間は転職先で仕事を行い、自分の希望に合う部分と合わない部分をしっかりと見極めてから再度転職を考えるべきかと思います。

この半年から1年間をどのように過ごすかで、前職と今の職場の違いや自分の希望と合わない部分がはっきりと見えてきます。

それからの再就職であれば、更に自分が働きやすい環境を見つけやすいのではないでしょうか。

 

以前の職場に戻る

この選択は、以前の職場から「戻ってきて欲しい」とオファーがあった時に限ると言っても過言ではないかもわかりません。

オファーが無い場合は、

  • 以前より必ず評価が落ちる
  • 出戻りを煙たがる人がいるので、人間関係の再構築が難しい

というような状況に陥ります。

オファーがある場合は、以前のポジションを確保で責任のある仕事を任せてもらえる可能性はあります。

ですが、そうでない場合はかなりの逆風の中で戦うこととなりますね。

退職の理由がどうであれ、煙たがる人は必ずいますので。

 

まとめ

今回は、転職後に後悔して戻りたいと思うのはなぜ?理由や対処法をご紹介!と題してお届けしてきましたが、いかがでしたか?

転職後に後悔して戻りたいと思うのはなぜなのか?

  • 一時的な感情で後先を考えずに退職してしまった
  • 転職先を焦って決めてしまった
  • 元の職場と他社の比較検討が出来ていない
  • 人間関係の大切さを理解出来ていなかった

これらの理由が挙げられましたね。

 

転職後に後悔して戻りたいと思う理由や対処法をご紹介しましたが、

  • 転職した会社でひた向きに頑張る
  • 再度転職をする
  • 以前の職場に戻る

転職した職場で最低でも半年から1年間は仕事を行い、再度自分の気持ちと職場の状況を見極めないといけないことがわかりましたね。

転職は人生でとても大切な決断となります。

家族がいる場合はなおさらですね。

この記事の内容が、転職をご検討されている方の参考になれば幸いです。