金曜ロードショーオープニングの女性が怖い?誰がモデルかも調査! | 紆余曲折
PR

金曜ロードショーオープニングの女性が怖い?誰がモデルかも調査!

金曜ロードショーオープニングアニメが怖い?誰がモデルなのかを調査! エンタメ
Pocket

今回は、金曜ロードショーオープニングの女性が怖い?誰がモデルかも調査!と題してお届けします。

毎週、人気の映画作品を地上波で放送している「金ロー」こと『金曜ロードショー』。

放送のある金曜日を楽しみにされている方は多いですよね。

と、同時に、気になるのがオープニングの女性です・・・。

「怖い」「気持ち悪い」との声が多いですよね?

そこで、この記事では、金曜ロードショーのオープニングの女性が怖いという噂や、誰がモデルなのかも調査していきます。

 

金曜ロードショーオープニングの女性が怖い?

ここでは、金曜ロードショーオープニングの女性が怖い?と題してお届けします。

上のツイッターが、金曜ロードショーのオープニングアニメの画像です。

ここに映る女性たちは、なぜこんなに怖いんでしょうか?

 

金曜ロードショーのオープニングの女性が怖い理由は?

これだけ多くの女性のうつろな視線が、一斉にこちらを向いているのが、まず怖くて不気味ですね。

そして、飛んでもない場所に一人で足を踏み入れてしまったような恐怖・・・。

更に、この画像の効果だけでなく、オープニング曲までが怖くさせている要因なんです。

これから映画を楽しもうという感じにはならないこのマッチング。

このオープニングアニメを怖くさせている音楽についても、次で詳しく説明していきます。

 

金曜ロードショーのオープニング曲は?

アニメとともにオープニングを怖くしているこの曲。

これは、「Era」という曲で、女優の上白石萌歌さんが歌われています。

細田守監督の「未来のミライ」で主人公の「くんちゃん」の声を担当されていたことから、オープニング曲の歌を担当されることになったようです。

この曲調と上白石萌歌さんの声が重なり、このアニメの不思議な空間をより引き立たせていますね。

 

SNSの声は?

 

 

 

 

やはり、このオープニングアニメには、怖さと違和感を持っている視聴者が多いようですね。

 

金曜ロードショーオープニングの女性は誰がモデルなのかも調査

ここでは、金曜ロードショーオープニングの女性は誰がモデルなのかも調査していきます。

怖いと噂の、金曜ロードショーのオープニングの女性達。

一体誰がモデルとなっているのでしょうか?

 

金曜ロードショーオープニングの女性のモデルは誰?

オープニングアニメは、上のツイッターのような順序で進んでいきます。

実は、これにはしっかりとした設定やモデルとなる人物がいるんです。

まず最初に登場する女子高生は「ミアちゃん」といい、オープニングアニメを担当した細田守監督が、モデルにした映画「カイロの紫のバラ」の主演女優であるミア・ファローから取った名前の少女です。

肩には不思議な動物「アンク」を乗せています。

ミアが歩く暗い空間、その先にある光が漏れるドアを開けると、秘密のプライベート映画サロンを主催している、伯爵夫人「ターニャ」出迎えます。

そして、そこには世界中から招待された女優や動物が、映画の上映を待っています。

そんな世界へ入り込んだミアも、彼女達の中に座り、映画の上映を待つというストーリーです。

少し難しいですが、この設定の裏には、「映画との出会いから、自分の知らない未知の世界のドアを開いて欲しい」という意味が隠されているようです。

何とも深い設定ですが、これを知ると怖さが無くなりましたね。

 

金曜ロードショーオープニングの歴史

現在までに、金曜ロードショーのオープニングは5つの種類のものが使われていました。

  • 1985年10月4日~1997年3月27日
    曲:フライデーナイト・ファンタジー(トランペット演奏)
    映像:夕陽ヨットハーバー
  • 1997年4月4日~2009年3月20日
    曲:Cinema Nostalgia(久石譲)
    アニメ:映写機おじさん
  • 2009年3月27日~2012年3月30日
    曲:スタンリーの週末
    アニメ:うさぎスタンリー
  • 2012年4月6日~2016年3月25日
    曲:TGIF(Thank God, It’s Friday!)
    アニメ:スタンリーと仲間達
  • 2016年4月1日~2018年7月13日
    曲:なし
    アニメ:なし
  • 2018年7月20日~現在
    曲:Era(上白石萌歌)
    アニメ:アンクとミア

 

オープニングだけでも、これだけの歴史があることに驚きます。

金曜ロードショーの歴史は深いですね。

 

まとめ

今回は、金曜ロードショーオープニングの女性が怖い?誰がモデルかも調査!と題してお届けしてきましたが、いかがでしたか?

金曜ロードショーのオープニングの女性が怖いとの噂から、その理由を調査し、その女性達のモデルが誰なのかについてもご説明してきました。

オープニングアニメの女性の画像だけでなく、流れている曲も怖さを増していることがわかりましたね。

誰がモデルなのかも調査しました。

まず最初に登場する女子高生は「ミア」といい、オープニングアニメを担当した細田守監督が、モデルにした映画「カイロの紫のバラ」の主演女優であるミア・ファローから取った名前の少女でした。

ミアが入り込んだ、秘密のプライベート映画サロンを主催しているのが、伯爵夫人「ターニャ」

そして、映画の上映を待っていたのは、世界中から招待された女優や動物という設定です。

最初は「怖い」というイメージでしたが、一つ一つ理解できると恐怖感は無くなりますね。

現在のオープニングテーマの裏にある「映画との出会いから、自分の知らない未知の世界のドアを開いて欲しい」という思い。

様々な映画をた観るだけではなく、今後は、こんな気持で新しい作品を楽しんでみてください!